公共一般文京支部・時事ニュースクリップ

公共一般文京支部HPの時事ニュースクリップです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トヨタ社員の過労死認定 名古屋地裁「サークル活動も業務」

 トヨタ自動車の堤工場(愛知県豊田市)に勤務していた内野健一さん=当時(30)=が2002年に急死したのは過酷な勤務が原因として、妻博子さん(37)=同県安城市=が国に遺族年金の支給など労災の適用を求めた訴訟の判決が30日、名古屋地裁であった。多見谷寿郎裁判長は「死亡直前の一カ月間の時間外労働は100時間を超えた。職務上の精神的なストレスも大きく、業務と死亡との関連性は強い」として、労災適用を認めた。

 妻側は「社員を徹底管理して無駄を排除するトヨタ特有のシステムで極度の緊張を強いられた。実際は仕事なのに業務外と扱われる品質管理の自主的なサークル活動もあった」と主張。多見谷裁判長は「サークル活動は業務に入る。トヨタ方式について判断するまでもなく、健一さんが従事した業務は過重だった」と結論づけた。

 国側は「会社に残ったのは雑談のためで、実際の残業時間は44時間程度。死亡は業務が原因ではない」と主張したが、多見谷裁判長は「健一さんは会社にいる間、上司の指揮命令下で労務に従事していた」と退けた。

 健一さんは1989年に入社。堤工場車体部に配属され、2001年から中間管理職として品質管理を担当。02年2月9日早朝、残業中に致死性不整脈を発症して倒れ、搬送先の病院で死亡した。

 三輪昇司・豊田労働基準監督署長の話 判決の内容を検討し、関係機関とも協議して今後の対応を決めたい。

 トヨタ自動車の話 コメントする立場にない。社員の健康管理により一層努めていく。
中日新聞 2007年11月30日 夕刊

スポンサーサイト
  1. 2007/11/30(金) 20:45:48|
  2. 過労死

過労死、「労組にも責任」 遺族が民事調停申し立て

 会社の労働組合にも組合員の過労死を防げなかった責任があるはず――。そんな思いから、外食大手「すかいらーく」の元店長で、長時間労働により過労死した中島富雄さん(当時48)の妻晴香さん(51)と、晴香さんを支援する全国一般東京東部労組は31日、同社労組に対し、謝罪や過労死対策の説明などを求める民事調停を武蔵野簡易裁判所(東京都武蔵野市)に申し立てた。

 過労死した人の遺族が労組の責任を法的に問うのは異例。申立書では、富雄さんの過労死について、労組としての義務を十分尽くさなかったことへの謝罪▽過重労働を防ぐために行った措置の説明▽今後、労働環境の改善に努力することの確認――などを求めている。

 富雄さんは04年8月、脳梗塞(こうそく)で亡くなった。当時は神奈川県などの複数店舗を担当する店長で、月平均残業時間は130時間に及んだ。05年3月、労災と認定された。晴香さんは、夫のために何をしてくれたのか、労組に何度も説明を求めたが「一般論ばかりで納得できなかった」という。

 すかいらーく労組は「申立書の内容を確認したうえで対応を決めたい」としている。
朝日新聞 2007年07月31日
  1. 2007/07/31(火) 00:04:53|
  2. 過労死

最近の記事

カテゴリー

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。